セラミドが30代の肌を綺麗に保つ秘訣|基礎化粧品選びを考える

婦人

肌を真剣に考える

化粧品

しっかりとした保湿

30代ともなると肌の力も弱まってきます。20代の頃は多少無理をしても一晩寝れば肌は元どおりだったのが、30代になると一晩くらいでは戻りません。加齢現象といえばそれまでですが、できればきれいでいたいところです。そうなると重視したいのが基礎化粧品選びです。洗顔、化粧水、美容液、クリームなどが基礎化粧品ですが、特に重視したいのが保湿効果です。肌に潤いは必須ですが、20代を過ぎるとこの潤いが極端に低下します。そこで基礎化粧品で不足分を補給してあげましょう。色々な保湿成分がありますが、おすすめがセラミドです。角質層内の細胞間脂質の大半を占めるのがこのセラミドです。分子が小さく吸収率が高いので即効性が期待できます。

化粧水の前にひと手間

洗顔後に使う化粧水ですが、30代からの基礎化粧品として追加したいのがブースターです。これは化粧水前に使うもので、その後の成分の浸透を高める基礎化粧品です。ブースター化粧水もありますし、肌へ馴染みの良いオイルなどもあるので、自分の肌に合うものを見つけて使うといいでしょう。30代におすすめがゴールデンホホバオイルです。皮脂と同じ成分なので肌なじみがよく、しかもビタミンEも含まれているのでスキンケア効果も期待できます。洗顔後に数滴手のひらに取ってそれを肌になじませるだけでOKです。天然のオイルなのでアレルゲンともなりにくいですし、お手頃価格で購入できます。肌だけでなく髪など全身に使えるので一つ用意しておくと便利がいいかもしれません。

女性の顔で大事な場所

女の人

昨今、アイメイクやビューラーなどでまつげを痛めている女性は多いです。ダメージが蓄積すると、毛が抜ける恐れもあります。それを防ぐには、毎日、まつげ美容液でケアする事が大事です。美容液には毛を丈夫に育てる成分が豊富なので、効果的です。

もっと詳しく

化粧品選びをこだわる

化粧水

肌に直接触れ続ける化粧品だからこそ、成分にこだわりたい人が多いのも当然のことです。オーガニック化粧品の人気は高く、需要も増え続けています。安全性だけではなく自然のアロマを活かした香りや使用感が素晴らしいことも特徴です。

もっと詳しく

まつ毛を伸ばす大事な要素

まつ毛

まつ毛は「過度な負担をかけない」「保湿をしっかりする」「栄養素をきちんととる」という3つの要素を心がけて日常生活を送ることで、個人差はありますが数ヶ月後に効果が見えてきます。まつ毛を伸ばす方法を頭にいれて、間違った方法は用いないようにしましょう。

もっと詳しく